Results for 'Michael St��ltzner'

1000+ found
Order:
  1. Natural Theology in St. Thomas's Early Doctrine of Truth.Michael M. Waddell - 2004 - Sapientia 59 (215):5-21.
    The role of natural theology in St. Thomas Aquinas's early doctrine of (transcendental) trut, especially in question one of Aquinas's "Disputed Questions on Truth (De veritate).
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  2.  85
    The Metaphysicshttps://Philpapers.Org/Rec/BAUTMO?Edit=1# of Being of St. Thomas in a Historical Perspective by Leo J. Elders. [REVIEW]Michael Baur - 1995 - American Catholic Philosophical Quarterly 69 (1):101-103.
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  3. Finding the Good in Grief: What Augustine Knew but Meursault Couldn't.Michael Cholbi - 2017 - Journal of the American Philosophical Association 3 (1):91-105.
    Meursault, the protagonist of Camus' The Stranger, is unable to grieve, a fact that ultimately leads to his condemnation and execution. Given the emotional distresses involved in grief, should we envy Camus or pity him? I defend the latter conclusion. As St. Augustine seemed to dimly recognize, the pains of grief are integral to the process of bereavement, a process that both motivates and provides a distinctive opportunity to attain the good of self-knowledge.
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark   8 citations  
  4. Amerikas ungerechter Krieg gegen die Drogen.Michael Huemer - 2015 - In Thomas Leske (ed.), Wider die Anmaßung der Politik. Gäufelden, Germany: Thomas Leske. pp. 85–102.
    Soll der Freizeitkonsum von Drogen wie Marihuana, Kokain, Heroin und LSD einem gesetzlichen Verbot unterliegen? Drogengegner sagen ja. Sie behaupten für gewöhnlich, Drogenkonsum sei sowohl für den Nutzer als auch für die Gesellschaft allgemein äußerst schädlich – vielleicht sogar unmoralisch, und sie glauben, diese Tatsachen seien als Verbotsgrund ausreichend. Freigabebefürworter sagen nein und berufen sich dabei für gewöhnlich auf eines oder mehrere von drei Argumenten: Erstens behaupten einige, Drogenkonsum sei nicht so schädlich, wie Drogengegner meinen, und sei gelegentlich sogar nützlich. (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  5. Exploring Processes and Dynamics of Mystical Contemplative Meditation: Some Christian-Buddhist Parallels in Relation to Transpersonal Theory.Michael Stoeber - 2015 - European Journal for Philosophy of Religion 7 (2):35--57.
    This paper explores Christian contemplative meditation, focusing on the prayer of Recollection as it is developed especially by Evelyn Underhill and St. Teresa of Avila. It outlines the practice and explores possible theoretical and therapeutic dynamics, including some comparative reflections of this form of Christian meditation with Buddhist Samatha Vipassanā meditation and Mindfulness Based Cognitive Therapy. It also draws on the transpersonal theory of philosopher Michael Washburn, in exploring resistances, obstacles, and goals of such mystical practices.
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  6. 還元主義哲学者による心の別の漫画の肖像-心の不透明度のレビュー (The Opacity of Mind) by Peter Carruthers (2011) (2019年のレビュー改訂).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV , USA: Reality Press. pp. 119-144.
    唯物論、還元主義、行動論、機能主義、動的システム理論、計算論は一般的な見解であるが、ヴィトゲンシュタインは支離滅裂であると示した。行動の研究は人間の生活のすべてを包含するが、行動は主に自動で無意識であ り、主に言語で表現される意識的な部分(ウィトゲンシュタインは心と同一視する)でさえも、知覚的ではないので、サールが合理性の論理構造(LSR)と呼ぶ枠組みを持つことは重要であり、私は高次思考の記述心理学 (DPHOT)と呼ぶ。ヴィトゲンシュタインとサールが働いた枠組みを要約した後、現代の推論研究によって拡張されたように、私は現代の行動科学を含む行動のほとんどの議論に浸透するカーサーの見解の不十分さを示 します,。私は、彼の本は2冊の本のアマルガムであり、1つは認知心理学の要約であり、もう1つは新しい専門用語を追加して心の標準的な哲学的混乱の要約であることを維持しています。私は、後者は支離滅裂または人 生の漫画の見解とみなされるべきであり、彼の言葉でヴィトゲンシュタインを取ることは、私たちは言語/身体の問題として心/体の問題を考慮することによって成功した自己療法を実践できることを示唆しています。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  7. 「隣の殺人者」のレビュー(The Murderer Next Door) by David Buss (2005) (2019年改訂).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV , USA: Reality Press. pp. 267-276.
    この巻は少し古いが、殺人の心理学を特に扱う最近の人気のある本はほとんどなく、数ドルで利用可能な簡単な概要なので、それでも努力する価値があります。それは包括的な試みを行うおらず、読者は彼の他の多くの本と 暴力に関する膨大な文献から空白を埋めることが期待されている場所でやや表面的です。更新については、例えば、バス、進化心理学のハンドブック第2位 v1 (2016) p 265、 266, 270-282, 388-389, 545-546, 547, 566, 進化心理学第5回,(2015年) p 26, 96-97,223, 293-4, 300, 309-312, 410 およびシャックフォードハンセンと進化 200444 暴力.彼は数十年にわたりトップの進化心理学者の一人であり、彼の作品の中で幅広い行動をカバーしていますが、ここでは、個々の人々が殺害を引き起こす心理的メカニズムとEEA(進化適応の環境、すなわち過去10 0万年ほどの間のアフリカの平原)におけるその可能な進化機能にほぼ完全に集中しています。 バスは、他の行動と同様に、精神病理学、嫉妬、社会環境、集団圧力、薬物、アルコールなどの「代替」説明は、なぜこれらの殺人的衝動を生み出すのかという疑問がまだ残っているので、彼らは近位の原因であり、究極の 進化(遺伝的)ものであるわけではないことを知ることによって始まります。いつものように、それは必然的に包括的なフィットネス(親族の選択)に煮詰まるので、すべての生物のすべての行動のための究極の説明である 仲間やリソースへのアクセスのための闘争に。社会学的データ(および常識)は、若い貧しい男性が殺す可能性が最も高いことを明らかにしています。彼は、先進国からの殺人データ、部族文化、動物における特異な殺害、 考古学、FBIデータ、そして通常の人々の殺人ファンタジーに関する彼自身の研究を提示します。多くの考古学的証拠は、先史時代に、グループ全体、または若い女性を差し引いたグループを含む殺人の蓄積を続けていま す。 Bussのコメントを調査した後、私は私の他の多くの記事や本で広く取り上げられている意図的心理学(合理性の論理的構造)の非常に簡単な要約を提示します。 進化的な観点から殺人的暴力の詳細な歴史を望む多くの時間を持つ人は、スティーブン・ピンカーの「なぜ暴力が衰退したのか私たちの自然のより良い天使たち」(2012)に相談し、私のレビューはネットと私の最近の 本の2冊で簡単に入手できます。簡単に言えば、ピンカーは、殺人は飼育者として私たちの時代から約30倍の着実かつ劇的に減少していると指摘しています。だから、銃は今では誰もが殺すことを非常に簡単にしているに もかかわらず、殺人ははるかに一般的ではありません。ピンカーは、これは私たちの「より良い天使」を引き出す様々な社会的メカニズムによるものだと考えていますが、主に私たちの惑星の無慈悲な強姦からの資源の一時 的な豊富さ、警察の存在の増加と相まって、それが罰せられる可能性がはるかに高い通信と監視と法制度によるものだと思います。これは、警察の短い、地元の不在さえあるたびに明らかになります。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀5日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 5th ed (2019)などを見ることができます。 バスは、他の行動と同様に、精神病理学、嫉妬、社会環境、集団圧力、薬物、アルコールなどの「代替」説明は、なぜこれらの殺人的衝動を生み出すのかという疑問がまだ残っているので、彼らは近位の原因であり、究極の 進化(遺伝的)ものであるわけではないことを知ることによって始まります。いつものように、それは必然的に包括的なフィットネス(親族の選択)に煮詰まるので、すべての生物のすべての行動のための究極の説明である 仲間やリソースへのアクセスのための闘争に。社会学的データ(および常識)は、若い貧しい男性が殺す可能性が最も高いことを明らかにしています。彼は、先進国からの殺人データ、部族文化、動物における特異な殺害、 考古学、FBIデータ、そして通常の人々の殺人ファンタジーに関する彼自身の研究を提示します。多くの考古学的証拠は、先史時代に、グループ全体、または若い女性を差し引いたグループを含む殺人の蓄積を続けていま す。 p 12で、彼は、資源をめぐる各個人と世界中の戦争は、概念、母親の食べ物を奪い、彼女の体を強調することによって成長し始め、そして彼女のシステムが概念のために頻繁に致命的な結果で反撃するとき、概念から始まる と指摘しています。彼は、自発的中絶の推定値がすべての概念の約30%の範囲にあることを教えておらず、年間8000万人もの人が死亡し、母親が妊娠していることを知らないほど早く、おそらく彼女の生理は少し遅れ ています。これは、私たちが敗北に成功していない自然の優生学の一部です。 文明の全体的な異形成効果は続いており、毎日生まれた約30万人は、世界人口が20万人増加し、地球を破壊するためにこれまで以上に大きな「不適当な」人口を持つ約10万人よりも、平均して肉体的にわずかにフィッ トしていない。 p13では、OJシンプソンが有罪であったことははっきりとは分からないと言いますが、裁判に関係なく、彼の奇妙な行動を含む事件の事実の唯一の合理的な解釈なので、私たちは彼が知っていると言うでしょう。また、 数百万ドルの弁護人が司法を覆すために出席していなかったその後の民事裁判では、彼はすぐに有罪判決を受け、資産の添付につながり、武装強盗の有罪判決と投獄につながった。 彼はp20に関して、過去100年間に世界中で約1億件の既知の殺人事件があり、報告されていないすべての殺人が含まれていれば、おそらく3億件もの殺人があったと指摘している。彼は中国共産党(約100万人では ない)によって約4000万を数えるとは思わない。飢えた6000万人、スターリンの1000万人。 tenまた、ほとんどの犠牲者の犠牲者を救う世界クラスの医療システムにより、アメリカの殺人率は約75%減少することを念頭に置いておく必要があります。私は、メキシコは約20倍の米国とホンジュラスの殺人率を 約5倍持っており、あなたの子孫は確かにアメリカの多様性の致命的な抱擁のために、その方向に移動する私たちのレートを楽しみにすることができると付け加えます。「アディオス・アメリカ」(2015年)のアン・コ ールターは、ヒスパニックが過去数十年間にここで約23,000件の殺人を犯したと指摘しています。今のところ、何も行われず、国境が解散し続け、環境崩壊と倒産に近づくにつれて、ここでの犯罪は経済を解消するに つれて、メキシコのレベルに達するでしょう。2014年だけでも、100人の米国市民が殺害され、130人以上が誘拐され、他の人が失踪し、他の外国人やメキシコ人を加えれば数千人に及ぶ。詳細については、私の「 民主主義による自殺」2 nd ed(2019年)を参照してください。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  8.  40
    史上最深の霊的自伝?-聴く膝-のレビュー(The Knee of Listening ) by Adi Da (Franklin Jones) (1995) (レビューは2019年に改訂されました).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV, USA: Reality Press. pp. 224-227.
    ユニークなアメリカの神秘的なアディ・ダ(フランクリン・ジョーンズ)の人生と精神的な自伝の簡単なレビュー。いくつかの版の表紙のステッカーは、「すべての時間の中で最も深遠な精神的な自伝」と言って、これはよ く真実かもしれません。私は70歳で、スピリチュアルな教師やスピリチュアリティに関する多くの本を読みましたが、これは最も偉大な本の一つです。確かに、それは私が今まで見た悟りのプロセスの完全かつ明確な説明 です。人間の心理的プロセスの中で最も魅力的なプロセスに全く興味を持っていない場合でも、それは宗教、ヨガ、人間の心理学について多くを明らかにし、人間の可能性の深さと限界を探る素晴らしい文書です。私はそれ をいくつかの詳細に記述し、現代インドの神秘的なOshoの教授と比較します。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st 世紀 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  9.  77
    ヒューマノイドまたはAndroidは地球を破壊しますか? -「心を作成する方法」のレビュー (How to Create a mind) by Ray Kurzweil (2012) (レビュー改訂2019).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas,NV , USA: Reality Press. pp. 145-157.
    数年前、私は本のタイトルから、あるいは少なくとも章のタイトルから、どのような哲学的な間違いが起こり、どのくらいの頻度で分かることができるところまで達しました。名目上の科学的な研究の場合、これらは主に哲 学的なワックスや作品の意味または長期的な意義に関する一般的な結論を引き出そうとする特定の章に制限される可能性があります-。しかし、通常、事実の科学的な問題は、これらの事実が何を意味するのかについて、哲 学的なちんぷんかんぷんと寛大に絡み合っています。ヴィトゲンシュタインが約80年前に科学的な問題と様々な言語ゲームによる記述の間で述べた明確な区別はめったに考慮されないので、1つは交互に科学に驚き、その 支離滅裂な分析に失望しています。だから、このボリュームです。 多かれ少なかれ私たちのような心を作るのであれば、合理性と思考の2つのシステム(二重プロセス理論)の理解のための論理的な構造を持っている必要があります。このことについて哲学するならば、事実の科学的問題と 、問題となっている文脈における言語の仕組みの哲学的問題と、還元主義とサイエンティズムの落とし穴を避ける方法の区別を理解する必要がありますが、カーツワイルは、ほとんどの行動学生と同様に、ほとんど手がかり がない。彼はモデル、理論、概念、そして説明したいという衝動に魅了されていますが、ヴィトゲンシュタインは、私たちが記述する必要があり、理論、概念などは、明確なテストを持っている限り価値のある言語(言語ゲ ーム)を使用する方法にすぎないことを示しました(明確な真実主義者、またはジョン・サール(AIの最も有名な批評家)が言うのが好きです。私は最近の著作でこれに関するスタートを提供しようとしました。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  10. 意識の論理的構造(行動、人格、合理性、高次思考、意図的性).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV, USA: Reality Press. pp. 2-8.
    半世紀の忘却の後、意識の性質は今や行動科学と哲学の中で最もホットな話題です。1930年代のルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン(青と茶色の本)の先駆的な作品から始まり、50年代から彼の論理的な後継者ジョ ン・サールによる現在まで、私はこの研究を進めるためのヒューリスティックとして次の表を作成しました。行は様々な側面または研究方法を示し、列は、自己有理性の論理的構造(LSR-Searle)、行動(LSS p)、人格(LSSP)、現実(LSOR)、理論哲学的哲学的用語、意識DPC心理学(意識の記述)の2つのシステム(二重プロセス)を含む不随意プロセスと自発的行動を示しています。、思考の記述心理学 (DPT) - またはより良い、思考の記述心理学の言語 (LDPT) 、ここで紹介された用語と私の他の非常に最近の著作。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  11. Как семь социопатов, которые правят Китаем, выигрывают третью мировую войну и три способа их остановить.Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 357-366.
    Первое, что мы должны иметь в виду, что, говоря, что Китай говорит это или Китай делает это, мы говорим не о китайском народе, но социопатов, которые контролируют КПК - Коммунистическая партия Китая, т.е. семь senile sociopathic серийных убийц (SSSSK) Из Постоянного комитета КПК или 25 членов Политбюро и т.д. Планы CCP для WW3 и полного доминирования lay out довольно ясно в китайских изданиях и речи правительства и это «мечта Кита» Си Цзиньпина. Это мечта только для крошечного меньшинства (возможно, от нескольких (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  12. Альтруизм, Иисус И Конец Света – Как Фонд Темплтона Купил Профессорскую Должность ВГарварда И Напал На Эволюцию, Рациональность И Цивилизацию. Обзор "Социальное Завоевание Земли" (The Social Conquest of Earth) by E.O. Wilson (2012) И Nowak and Highfield "Супер Кооператоры”(SuperCooperators) (2012) (Обзор Пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 276-289.
    Знаменитый человек-муравей Э.О. Уилсон всегда был одним из моих героев - не только выдающимся биологом, но и одним из крошечных и исчезающих меньшинств интеллектуалов, которые, по крайней мере, осмеливаются намекнуть на правду о нашей природе, которую другие не понимают, или, поскольку ониd-o хватаются, старательно избегают политической целесообразности. К сожалению, он заканчивает свою долгую карьеру в самых грязную моду в качестве участника невежественных и высокомерных нападение на науку мотивированы по крайней мере частично религиозный пыл его коллег Гарварда. Это показывает, гнусные последствия, (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  13.  56
    Выявить ли наше автоматизированное бессознательное поведение на наше настоящее «я» и скрытые истины о Вселенной? -- Обзор " "Сила против силы - скрытые детерминанты человеческого поведения - официальное авторитетное издание автора:” )Power vs Force--the hidden determinants of human behavior) by David Hawkins 412p (2012) (оригинальное издание 1995)(обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 247-250.
    Я очень привык к странным книгам и специальныхлюдей, но Хокинс выделяется из-за его использования простой техники для тестирования мышечного напряжения в качестве ключа к "истине" любого заявления бы то ни было, т.е., не только ли человек проходит тестирование верит, но действительно ли это так! Что хорошо известно, что люди будут показывать автоматические, бессознательные физиологические и психологические реакции на все, что они подвергаются-изображения, звуки, прикосновения, запахи, идеи, люди. Таким образом,, мышечное чтение, чтобы узнать их истинные чувства не является радикальным на всех, (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  14.  83
    Временное подавление дьяволов нашей природы – обзор «Лучшие ангелы нашей природы: почему насилие уменьшилось» (The Better Angels of Our Nature: Why Violence Has Declined) by Steven Pinker (2012) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 257-262.
    Это не идеальная книга, но она уникальна, и если вы обезжиренное первые 400 или около того страниц, последние 300 (около 700) являются довольно хорошей попыткой применить то, что известно о поведении к социальным изменениям в насилии и манеры с течением времени. Основная тема: как наша генетика контролирует и ограничивает социальные изменения? Удивительно, но он не может описать природу выбора родственников (инклюзивный фитнес), который объясняет большую часть животной и человеческой социальной жизни. Он также (как и почти все) не имеет четкой основы (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  15.  61
    Самая глубокая духовная автобиография всех времен? - обзор "Колено прослушивания" (The Knee of Listening) by Adi Da (Franklin Jones) (1995) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 243-246.
    Краткий обзор жизни и духовной автобиографии уникального американского мистика Ади Да (Франклин Джонс). Наклейка на обложке некоторых изданий говорит: "Самая глубокая духовная автобиография всех времен", и это вполне может быть правдой. Я нахожусь в моих 70 и прочитал много книг духовных учителей и на духовность, и это один из величайших. Конечно,, это byдалеко самый полный и ясный отчет о процессе просветления я когда-либо видел. Даже если у вас нет никакого интереса вообще в самых увлекательных из всех человеческих психологических процессов, это (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  16. Что означают парапоследовательные, неопределимые, случайные, вычислительные и неполные? Обзор: “Путь Годеля - Приключения в неопределенном мире” (Godel's Way: Exploits into an undecidable world) by Gregory Chaitin, Francisco A Doria, Newton C.A. da Costa 160p (2012) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 171-186.
    В «Godel's Way» три видных ученых обсуждают такие вопросы, как неплатежеспособность, неполнота, случайность, вычислительность и последовательность. Я подхожу к этим вопросам с точки зрения Витгенштейна, что есть две основные проблемы, которые имеют совершенно разные решения. Есть научные или эмпирические вопросы, которые являются факты о мире, которые должны быть исследованы наблюдений и философские вопросы о том, как язык может быть использован внятно (которые включают в себя определенные вопросы в математике и логике), которые должны быть решены, глядят, как мы на самом деле (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  17. Обзор религии Разъяснения - Эволюционное происхождение религиозной мысли (Religion Explained-- The Evolutionary Origins of Religious Thought) by Pascal Boyer (2002) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 211-224.
    Вы можете получить краткое резюме этой книги на р 135 или 326. Если вы не до скорости, на эволюционной психологии, вы должны сначала прочитать один из многочисленных последних текстов с этим термином в названии. Один из лучших является "Справочник эволюционной психологии" 22-й ed Buss. Примерно 15 лет назад, «объяснение» поведения на самом деле не были объясненияпсихических процессов на всех, но довольно расплывчатые и в значительной степени бесполезные описания того, что люди сделали и что они сказали, без понимания, почему. Мы могли (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  18. Уничтожат ли Землю гоминоиды или андроиды? -Обзор того, как создать разум (How to create a mind) by Ray Kurzweil (2012) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 157-170.
    Несколько летназад, я достиг точки, где я обычно могу сказать из названия книги, или, по крайней мере, из названия глав, какие философские ошибки будут сделаны и как часто. В случае номинально научных работ они могут быть в значительной степени ограничены определенными главами, которые воск философские или попытаться сделать общие выводы о значении или долгосрочнойперспективезначение работы. Нормально однако научные вопросы факта великодушно interlarded с философски тарабаризом о чего эти факты значат. Четкое различие, которое Витгенштейн описал около 80 лет назад между научными (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  19. Обзор “Я странная петля” (I Am a Strange Loop) by Douglas Hofstadter (2007) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 111-128.
    Последняя проповедь из Церкви фундаменталистского натурализма пастора Хофштадтера. Как и его гораздо более известный (или печально известный своими неустанными философскими ошибками) работа Годеля, Эшера, Баха, он имеет поверхностную правдоподобность, но если понять, что это безудержный саентизм, который смешивает реальные научные вопросы с философскими (т.е. единственными реальными вопросами являются то, что языковые игры мы должны играть), то почти все его интерес исчезает. Я предоставляю основу для анализа, основанного на эволюционной психологии и работе Витгенштейна (с тех пор, как он был обновлен в (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  20. Еще один карикатурный портрет ума от редукционистских метафизиков - Oбзор "Непрозрачность ума" (The Opacity of Mind) by Peter Carruthers (2011) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 129-156.
    Материализм, редукционизм, биение, функционализм, теория динамических систем и вычислительность являются популярными взглядами, но они были показаны Витгенштейном как непоследовательные. Изучение поведения охватывает всю человеческуюжизнь, но поведение в значительной степени автоматический и бессознательный, и даже сознательная часть, в основном выражается в языке (который Витгенштейн приравнивает с умом), не является проницательным, поэтому очень важно иметь рамки, которые Сирл называет Логическая структура рациональности (LSR) и я называю описательной психологии мысли высшего порядка (DPHOT). После подведения итогов рамок, разработанных Витгенштейном и Сирлом, как это было (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  21.  53
    Обзор материал мысли (Review of The Stuff of Thought) by Steven Pinker (2008) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 76-89.
    Я начинаю с некоторых известных комментариев философа (психолог) Людвига Витгенштейна, потому что Пинкер акций с большинством людей (из-за настройки по умолчанию нашей развитой врожденной психологии) определенные предрассудки о функционировании ума, и потому, что Витгенштейн предлагает уникальные и глубокие идеи в работе языка, мысли и реальности (которые он рассматривал как более или менее совсеоблены) не найдено в другом месте. Rere является лишь ссылкой на Витгенштейна в этом томе, который является наиболее прискорбным, учитывая, что он был самым блестящим и оригинальным аналитиком языка. (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  22. Саентизм на стероидах: Oбзор “свободы Эволюции” ( Freedom Evolves) by Daniel Dennett (2003) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 94-110.
    "Люди говорят снова и снова, что философия на самом деле не прогресс, что мы по-прежнему заняты теми же философскими проблемами, что и греки. Но люди, которые говорят это, не понимают, почему это должно быть так. Это потому, что наш язык остался прежним и продолжает соблазнять нас задавать те же вопросы. До тех пор, пока по-прежнему существует глагол, который выглядит так, как будто он функционирует так же, как «есть и пить», до тех пор, пока у нас есть прилагательные «идентично», «правда» ( (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  23. Обзор метафилософии Витгенштейна (Wittgenstein's Metaphilosophy) by Paul Horwich 248p (2013) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 52-75.
    Хорвич дает прекрасный анализ Витгенштейна (W) и является ведущим ученым W, но, на мойвзгляд, все они не дотягивают до полной оценки, как я подробно объяснить в этом обзоре и многие другие. Если одно не понимает W (и предпочтительно Searle также) после этого я не вижу как одно смогло иметь больше чем поверхностное вникание общего соображения и мысли более высокого заказа и таким образом всего сложного поведения (психология, социология, антропология, история, словесность, общество). В двух словах, W продемонстрировал, что, когда вы показали, (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  24.  69
    Логическая структура сознания (поведение, личность, рациональность, мысль высшего порядка, преднамеренность).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 2-8.
    После полувека в забвении, природа сознания в настоящее время горячая тема в поведенческих наук и философии. Начиная с новаторской работы Людвига Витгенштейна в 1930-х (Голубые и коричневые книги) и от 50-х до настоящего времени его логическим преемником Джоном Сирлом, я создал следующую таблицу как эвристик для дальнейшего этого исследования. Строки показывают различные аспекты или способы изучения и колонки показывают непроизвольные процессы и добровольное поведение, включающее две системы (двойные процессы) Логической Структуры Сознания (LSC), которые также могут рассматриваться как Логическая структура Рациональности (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  25. パラコンシステント、決定不能、ランダム、計算可能、不完全とはどういう意味 ですか? 「ゴーデルの方法:決定不可能な世界への冒険:」のレビュー(Godel's Way: exploits into an Undecidable World) byA. da Costa 160p (2012) (2019年のレビュー改訂).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV , USA: Reality Press. pp. 158-171.
    「ゴーデルの道」では、3人の著名な科学者が、デシッド不能、不完全性、ランダム性、計算可能性、パラコンシステンションなどの問題について議論しています。私は、ウィトゲンシュタイニアンの視点から、全く異なる 解決策を持つ2つの基本的な問題があることをこれらの問題に取り組んでいます。科学的または経験的な問題は、言語がどのように理解的に使用できるか(数学と論理に特定の質問を含む)、特定の文脈で実際にどのように 単語を使用するかを調べて決定する必要がある、観察的および哲学的な問題を調査する必要がある世界に関する事実です。私たちがプレイしている言語ゲームについて明確になると、これらのトピックは他の人と同じように 普通の科学的、数学的な質問であると見なされます。ウィトゲンシュタインの洞察はめったに等しくなく、決して上回ることはなく、彼がブルーブックスとブラウンブックスを口述した80年前と同じくらい適切です。失敗 にもかかわらず、本当に完成した本ではなく一連のノートは、半世紀以上にわたって物理学、数学、哲学の出血エッジで働いてきたこれらの3人の有名な学者の作品のユニークな源です。ダ・コスタとドリアは、普遍的な計 算に書いて以来、ウォルパート(以下または私の記事を参照)によって引用されています(ウォルパートとヤナフスキーの「理由の外側の限界」の私のレビューを参照)、,そして彼の多くの成果の中で、ダ・コスタはパラ コンシタンションのパイオニアです。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  26. 科学はすべてについて良い説明ではありません-「自由は進化する」のレビュー (Freedom Evolves) by Daniel Dennett(2003) (レビュー改訂 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV, USA: Reality Press. pp. 85-101.
    「人々は、哲学は本当に進歩していない、私たちはまだギリシャ人と同じ哲学的問題に占領されていると何度も何度も言います。しかし、これを言う人々は、なぜそうでなければならないのか理解していません。それは、私 たちの言語が変わらず、同じ質問をするように誘惑し続けているからです。食べたり飲んだりするのと同じように機能しているかのように見える動詞が続いている限り、 私たちがまだ形容詞を持っている限り、時間の川、空間の広がりなどについて話し続ける限り、人々は同じ不可解な困難につまずき続け、説明が晴れることができないものを見つめています。さらに、人々が「人間の理解の 限界」を見ることができると考える限り、彼らはもちろんこれらを超えて見ることができないと信じているので、これは超越への憧れを満たしています。 この引用は、約70年前に哲学を再定義したルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインからのものです(しかし、ほとんどの人はまだこれを見つけていません)。デネットは、彼が約40年間哲学者であったが、そのうちの一つ です。また、彼と彼の主要なアンタゴニスト、ジョン・サールの両方が有名なヴィトゲンシュタイニアン(ジョン・オースティンとサール、ギルバート・ライルとデネット)の下で学んだが、サールは多かれ少なかれポイン トを得て、デネットはしなかった(しかし、それはサールやライル・ヴィトゲンシュテニアンと呼ぶものを伸ばしているが)。デネットは難しい決定論者であり(裏口で現実をこっそり見ようとしますが)、おそらくこれは 有名な本「心の概念」(1949年)が転載され続けているライルによるものです。その本は幽霊を追い出すのに大いに役,立ったが、機械を置き去りにした。 デネットは、ヴィトゲンシュタイン、ライル(およびそれ以来)が詳細に暴露したミスを作ることを楽しんでいます。私たちの言葉の意識、選択、自由、意図、粒子、思考、決定、波、原因、起こった出来事(そして無限に )の使用はめったに混乱の原因ではありませんが、,通常の生活を離れて哲学に入るとすぐに(そして言語が進化した環境から切り離された議論、すなわち言葉が意味を持っていた正確な文脈)カオスが支配します。ほとん どの場合と同様に、デネットは一貫した枠組みを欠いており、サールは合理性の論理的構造と呼ばれています。私はこのレビューを書いて以来、私はこれにかなり拡大しており、私の最近の記事は、ステロイドのScien tism ((説明としての科学の不適切な使用)を呼び出すかもしれない哲学へのデネットのアプローチの何が間違っているかを詳細に示しています。ヴィトゲンシュタインからの別の引用で終わらせましょう - '野心は思考の死です。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  27.  52
    私は奇妙なループです」のレビュー(I am a Strange Loop) by Douglas Hofstadter (2007) (レビュー改訂2019).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV, USA: Reality Press. pp. 102-118.
    ホフスタッター牧師による原理主義自然主義教会からの最新の説教。彼のはるかに有名な(または容赦ない哲学的誤りで悪名高い)作品ゴーデル、エッシャー、バッハのように、それは表面的な妥当性を持っていますが、こ れが哲学的なものと実際の科学的問題を混ぜ合わせた横行するサイエンティズムであることを理解すれば(つまり、唯一の本当の問題は、私たちがプレイすべき言語ゲームです)、その後、ほとんどすべての関心が消えます 。進化心理学とヴィトゲンシュタインの仕事に基づく分析のフレームワークを提供しています(最近の著作で更新されて以来)。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  28.  51
    による「ソーシャルワールドの作成」のレビュー(Making a Social World) by John Searle (2010) (2019年改訂).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV, USA: Reality Press. pp. 9-29.
    mソーシャルワールド(MSW)の作るについて詳しくコメントする前に、私はまず、サール(S)とウィトゲンシュタイン(W)の作品に例示されている哲学(記述心理学)と現代心理学研究との関係についてコメントし ます。これは、記述心理学のこれらの2つの天才によってPNC、TLP、PI、OC、TARWおよび他の本の私のレビューを見るのに大いに役立ちます。 Sは、TLPのメカニズムとしてのWの優れた心の声明と、彼の後の作品でそれを破壊することに言及していません。W以来、Sはこれらの機械的な行動観の主要なデコンスであり、最も重要な記述心理学者(哲学者)であ るが、Wが彼をいかに完全に予想していたか、そして大きく他の人たちも(しかし、W、チューリング、AIのプラウドフットとコープランドの多くの論文や本を見る)を知らない。Sの仕事はWの仕事よりもはるかに簡単 で、専門用語はありますが、正しい方向からアプローチすればほとんど見事に明らかです。詳細については、W S やその他の書籍の私のレビューを参照してください。 全体として、MSWはSの半世紀の仕事に起因するヴィトゲンシュタインに対する多くの実質的な進歩の良い要約ですが、私の見解では、Wは彼が言っていることを理解すると、基本的な心理学のためにまだ不平等です(私 のレビューを参照)。理想的には、彼らは一緒に読む必要があります:S2 / S3の動作に関する明確な一貫した散文と一般化のためのサールは、S1 / S2の動作のWの厄介な例と彼の華麗な格言で示されています。もし私がずっと若かったら、まさにそれをやっている本を書くだろう。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  29.  60
    私たちの自然の最悪の悪魔の一時的な拘束-「私たちの自然のより良い天使:暴力が衰退した 理由」のレビュ (The Better Angels of Our nature: why violence has declined) by Steven Pinker(2012) (レビューは2019年に改訂されました).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV, USA: Reality Press. pp. 236-240.
    これは完璧な本ではありませんが、それはユニークであり、最初の400ページほどをスキミングすると、最後の300ページ(約700ページ)は、時間の経過とともに暴力やマナーの社会的変化に行動について知られて いるものを適用するかなり良い試みです。基本的なトピックは、私たちの遺伝学はどのように社会の変化を制御し、制限するかということです。驚くべきことに、彼は動物や人間の社会生活の多くを説明する親族の選択(包 括的なフィットネス)の性質を記述することができません。彼はまた、(ほぼすべての人と同様に)私が高次思考の記述心理学(DPHOT)と呼ぶのを好む合理性の論理的構造(LSR - John Searleの好ましい用語)を記述するための明確な枠組みを欠いている。彼は、人々や地球を虐待し、搾取する他の多くの方法について何かを言うべきでした nearly。暴力の概念を拡張して-、誰かの遺伝子の複製の世界的な長期的な結果を含め、進化がどのように機能するか(すなわち、親族の選択)の性質を把握することは、歴史、現在の出来事、そして物事が今後数百 年でどのように行われる可能性が高いかについて非常に異なる視点を提供します。歴史に対する身体的暴力の減少は、地球の絶え間なく増加する無慈悲な強姦(すなわち、人々が自分の子孫の将来を破壊することによって) 一致している(そして可能になった)ことを知るから始めるかもしれません’。ピンカー(ほとんどの人と同じように)は、重要なのは生物学であるときに、しばしば文化の表面性に気を取られます。ウィルソンの「地球の 社会的征服」とノワクとハイフィールドの「スーパーコオペレータ」の私の最近のレビューをここで、ネット上で「真の利他主義」(グループ選択)の空虚さ、そして親族選択の運営と文化的な言葉で行動を記述することの 無駄と表面性の簡単な要約を参照してください。 これは古典的な自然/育成の問題であり、自然の切り札は無限に育てます。本当に重要なのは、人口と資源破壊の容赦ない増加(医療と技術、警察と軍による紛争抑制による)によって地球に対して行われた暴力です。1日 に約20万人以上の人々(10日ごとに別のラスベガス、毎月別のロサンゼルス)、6海/人/年に入る6トンほどの表土-世界の全ての年間消えていく約1%などは、何らかの奇跡が起こらない限り、生物圏と文明が次の 2世紀の間に大部分が崩壊し、飢餓、悲惨、暴力が起こることを意味します。 暴力的な行為を行う人々のマナー、意見、傾向は、彼らがこの大惨事を避けるために何かを行うことができる限り、関連性はありませんし、私はそれがどのように起こるか分かりません。議論のためのスペースはなく、意味 もありません(はい、私は致命的です)ので、私は彼らが事実であるかのようにいくつかのコメントをします。私が他の人を犠牲にして1つのグループを宣伝することに個人的な利害関係があるとは想像しないでください。 私は78で、子孫も近親者もおらず、政治的、国家的、宗教的なグループと識別せず、デフォルトで属するものを他のすべてと同じように反発的なものと見なしません。 両親は地球上で最悪の生命の敵であり、物事の広い視野を持って、女性の暴力(男性が行うもののほとんどと同様に)は、主にスローモーションで行われ、時間と空間の距離で行われ、主に代理人によって行われているとい う事実を考えると、女性は男性と同じくらい暴力的です。ますます、女性は仲間を持っているかどうかに関係なく子供を産み、1人の女性の繁殖を止める効果は、生殖のボトルネックであるため、平均して1人の男性を止め るよりもはるかに大きい。人は、人々とその子孫が自分の道を来るどんな悲惨さにも豊かに値するという見解を取ることができ、(まれな例外を除いて)金持ちと有名人は最悪の犯罪者です。メリル・ストリープやビル・ゲ イツ、J.Kローリング、そして彼らの子供たちは、将来の世代のために毎年50トンの表土を破壊する可能性がありますが、インドの農家と彼は1トンを破壊する可能性があります。誰かがそれがうまくいくことを否定し 、その子孫に私は「地球上の地獄へようこそ」(WTHOE)と言います。 今日の重点は常に人権であるが、文明がチャンスに耐えるならば、人権に取って代わらなければならないことは明らかである。誰も責任ある市民でなく権利を得る、これは最初に意味するミニマル環境破壊です。あなたの社 会が彼らを作るように頼まなければ、最も基本的な責任は子供ではありません。人々が無作為に繁殖することを可能にする社会や世界は、それが崩壊するまで(または人生が生きる価値がないので恐ろしいポイントに達する )、常に利己的な遺伝子によって悪用されます。社会が人権を第一者として維持し続けるならば、その子孫に対して「WTHOE」は自信を持って言うことができる。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st 世紀 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  30.  83
    利他主義、イエス、そして世界の終わり-テンプルトン財団がハーバード大学で教授の椅子を購 入し、進化、合理性、および文明を攻撃した方法。 「地球の社会的征服」のレビュー(The Social Conquest of Earth) by E.O. Wilson(2012)そして「スーパーコラボレーター」 (Super Cooperators) by Nowak Highfield (2014)(レビューは2019年に改訂されました).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV , USA: Reality Press. pp. 254-266.
    有名な蟻男E.O.ウィルソンは常に私のヒーローの1人でした-優れた生物学者だけでなく、少なくとも他の人が把握できない、または把握している限り、私たちの性質についての真実をほのめかすための勇敢なマイノリ ティの1人です、政治的便宜のために勤勉に避けます。悲しいことに、彼は、ハーバードの同僚たちの宗教的な熱意によって少なくとも部分的に動機付けられた、科学に対する無知で傲慢な攻撃へのパーティーとして、彼の 長いキャリアを最も率直なやり方で終えています。これは、大学が宗教団体からお金を受け取ったとき、科学雑誌が大きな評判に驚いて、適切な査読を避けられたとき、そして自我が制御不能になることを許可されたときの 卑劣な結果を示しています。それは、進化の本質、科学的方法論の基本、数学と科学の関係、理論の構成要素、そして産業文明の崩壊に容赦なく取り組む際に信仰と寛大さへの態度さえも適切に導く。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  31. 暂时压制我们本性中最坏的魔鬼——史蒂文·平克的《我们本性中更好的天使:暴力为何衰落》的评论(2012) (年修订版2019年) (The Transient Suppression of the Worst Devils of our Nature—a review of Steven Pinker’s ‘The Better Angels of Our Nature: Why Violence Has Declined’(2012).Michael Richard Starks - 2020 - In 欢迎来到地球上的地狱: 婴儿,气候变化,比特币,卡特尔,中国,民主,多样性,养成基因,平等,黑客,人权,伊斯兰教,自由主义,繁荣,网络,混乱。饥饿,疾病,暴力,人工智能,战争. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 230-234.
    这不是一本完美的书,但它是独特的,如果你浏览前400页左右,最后300页(约700页)是一个很好的尝试,将已知的行为应用于社会变化在暴力和礼仪随着时间的推移。基本的主题是:我们的遗传学如何控制和限制社 会变化?令人惊讶的是,他未能描述亲属选择(包容性健身)的本质,这解释了动物和人类社会生活的很多原因。他还(像几乎每个人都一样)缺乏一个清晰的框架来描述理性的逻辑结构(LSR-John Searle的首选术语),我更愿意称之为高阶思想的描述性心理学(DPHOT)。他应该说一些关于虐待和剥削人和地球的许多其他方式,因为现在这些方式更加严重,以至于使其他形式的暴力几乎无关紧要。扩大暴力的 概念,包括复制某人基因的全球长期后果,并掌握进化过程的性质(即亲属选择),将提供一个完全不同的历史视角,时事,以及未来几百年的情况可能如何发展。人们可能首先指出,历史上身体暴力的减少与地球不断发生的无 情强奸(即人们摧毁自己后代的未来)相吻合(并成为可能)。平克尔(和大多数人一样,大多数时候)常常被文化的肤浅所分心,而生物学才是最重要的。在这里和网上查看我最近对威尔逊的《地球的社会征服》和诺瓦克和高 菲尔德的"超级合作者"的评论,了解"真正的利他主义"(群体选择)的空虚性简要摘要,亲属选择的运作,以及用文化术语描述行为的无用和肤浅。 这是经典的自然/培育问题,自然胜过培育——无限。真正重要的是,人口和资源破坏的无情增加(由于医药和技术以及警察和军队对冲突的镇压),给地球造成了暴力。每天约有20万人(每10天再下一个拉斯维加斯,每月 另一个洛杉矶),6吨左右表土进入大海/人/年——约占全世界每年消失总量的1%,等等,这意味着除非生物圈和文明将在未来两个世纪内大为崩溃,各种饥荒、苦难和暴力将发生惊人规模。 人们实施暴力行为的举止、观点和倾向是没有意义的,除非他们能够做些什么来避免这场灾难,而我看不出这是怎么回事。没有争论的空间,也没有意义(是的,我是一个宿命论者),所以我只做一些评论,好像它们是事实一样 。不要以为我以牺牲他人利益来推销一个团体有个人利益。我78岁,没有后代,没有近亲,不认同任何政治、民族或宗教团体,认为我属于的人,默认和所有其他团体一样令人厌恶。 父母是地球上最可怕的生命敌人,从事物的广义来看,当人们认为女性的暴力(像大多数由男性做的一样)大部分是在慢动作、在时间和空间上保持距离时,女性和男性一样暴力。由代理人 - 由他们的后代和男人。妇女越来越生孩子,无论她们是否有伴侣,阻止一名妇女生育的效果平均远远大于阻止一个男人,因为她们是生殖瓶颈。人们可以认为,无论遭受什么苦难,人们及其后代都值得,(除了极少数例外),富 人和名人是最恶劣的罪犯。梅丽尔·斯特里普或比尔·盖茨或J.K·罗琳和他们每个孩子可能在未来几代人中每年每年销毁50吨表土,而印度农民和他的可能摧毁1吨。如果有人否认那很好,对他们的后代,我说" ;欢迎来到地球上的地狱"(WTHOE)。 现在的重点总是放在人权上,但很明显,如果文明要有机会,人类的责任必须取代人权。没有人没有负责任的公民就得到权利,而这意味着第一件事就是破坏环境。最基本的责任是,除非你的社会要求你生产孩子,否则没有孩子 。一个允许人们随意繁殖的社会或世界总是被自私的基因所利用,直到它崩溃(或者达到生命如此可怕以至于不值得活下去)。如果社会继续以人权为首要,那么对其后代,人们可以满怀信心地说"WTHOE&qu ot;。 那些希望从现代两个系统的观点来看为人类行为建立一个全面的最新框架的人,可以查阅我的书《路德维希的哲学、心理学、Min d和语言的逻辑结构》维特根斯坦和约翰·西尔的《第二部》(2019年)。那些对我更多的作品感兴趣的人可能会看到《会说话的猴子——一个末日星球上的哲学、心理学、科学、宗教和政治——文章和评论2006-20 19年3月(2019年)和21年的自杀乌托邦幻想St世纪4日 (2019) .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  32.  66
    セクシュアリティ、エコロジー、スピリチュアリティ」のレビュー年) (Sex, Ecology, Spirituality ) by Ken Wilber 2 nd ed. 851p (2001)(2019年のレビュー改訂).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. pp. 208-223.
    この巨大な専門用語を積んだ(この本は本当に用語集が必要です!)、重い学術的な仕事が教育を受けた世界でベストセラーになったことは驚くべきことであり、フィッティングです。専門用語を学び、551ページのテキ ストと238ページのノートを耕すために専用する必要があります。私たちは何度も何度も言われていますが、これは来るものの輪郭に過ぎないと言われています! 彼は3つの運動の行き過ぎを厳しく批判するが、これは非常にリベラルで精神的な観点から、宗教、哲学、行動科学の非建設的でNew年齢の神秘的でポストモダンな解釈である。 彼は哲学、心理学、社会学、宗教の様々な世界観を詳細に分析し、彼らの致命的な還元主義的欠陥を(主に)ケアと輝きの気持ちで暴露するが、彼が分析する情報源のほとんどは今日はほとんど関連性がない。 彼らは20年前に研究と執筆をしていたときにすでに時代遅れだった用語や概念を使用しています。一つは、専門用語の無限のページをスローする必要があります - ハーバーマス、カント、エマーソン、ユングet.alの議論を積んだ。真珠にたどり着くために。 あなたは悪い書き込み、混乱し、時代遅れのアイデアと時代遅れの専門用語の素晴らしいサンプリングを得る。 現在の教育が良ければ、この本を読むのは二重に苦痛です(そして、ほとんどの人間の行動に関する書き込み)。 それは非常に拷問と混乱しているので、痛みを伴う、そして、あなたがそれが現代の心理学と哲学でいかに単純であるかを認識したときに再び。用語とアイデアは恐ろしく混乱し、日付が付いています(しかし、ウィルバー 自身の分析では、彼の情報源よりもそれほどではありません)。 著者のほとんどはそれに気づいていませんでしたが、この本とその情報源のほとんどは心理学のテキストです。それは、なぜ私たちが私たちがどのように考え、行動するのか、そして将来どのように変わるのかについて、人 間の行動と推論についてです。しかし、(最近までそのような議論のように)説明のどれも本当に説明ではないので、彼らは人間の行動に関する洞察を与えなくなります。誰も関係する精神的なメカニズムについて議論しま せん。これは、ステアリングホイールについて話し合うエンジン、燃料、またはドライブトレインの知識なしに、ハンドルと金属と塗料について議論する車の仕組みを説明するようなものです。実際には、ほとんどの古い' 説明'の行動と同様に、テキストはここでdを引用し、Wilberによるコムメントは、多くの場合、彼らが説明として受け入れる(そして省略する)ものの種類、そしてhey 実際のコンテンツよりも推論の種類のためにより興味深いです。 哲学と認知と進化心理学に取り組むならば、そのほとんどは古風です。ほぼすべての人(学者と公共の人)と同じように-e.g.、デネットの自由の進化や他の本の私のレビューを参照してください)、彼は宗教と倫理の 基礎を理解していない - 実際には、すべての人間の行動は、私たちの遺伝子にプログラムされています。彼が多くの本を書いている間、私たち自身を理解する革命が起こり、それが彼を通り過ぎました。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  33.  58
    宗教の説明:宗教思想の進化的起源」のレビュー(Religion Explained: the evolutionary origins of religious thought) by Pascal Boyer (2002) (2019年のレビュー改訂).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV, USA: Reality Press. pp. 194-207.
    p 135 または 326 に関するこの本の簡単な要約を取得できます。進化心理学をスピードアップしていない場合は、まずタイトルにこの用語を持つ数多くの最近のテキストのいずれかを読む必要があります。最高の一つは、バスによって「進化 心理学のハンドブック」第2回 ed です。約15年前まで、行動の説明は、実際には精神的なプロセスの説明ではなく、人々が何をしたのか、何を言ったかについてのあいまいでほとんど役に立たない記述であり、その理由を洞察していません。私たちは、人 々がイベントを記念して集まり、神を賞賛し、彼の(または彼女または彼らの)祝福を受け取ると言うかもしれません。しかし、これはいずれも関連する精神的プロセスを記述していないので、リンゴをリリースしたために リンゴが地面に落ちる理由を説明するのとほぼ同じ方法で説明していると言えるかもしれません,。この本は、アカデミア、宗教、政治、一般の人々によってほとんど普遍的に無視され、否定されてきた人間の行動の遺伝的 基盤の解明を続けています(ピンカーの優れた本「ブランクスラテ」を参照)。彼の声明(p3)は、宗教が遺伝的であるかどうかを尋ねるのは無意味であり、あらゆる行動の 遺伝子や環境に起因する行動の変動の割合が、他のすべての行動(例えば、ピンカーを参照)と同様に研究することができると誤解されている。彼は,、最も興味深い現象であり、知的で教育を受けた人々にとって個人的な 関心の宗教の唯一の部分である、より高い意識(例えば、サトリ、啓蒙など)を全く扱わないので、タイトルは「原始宗教のいくつかの側面を説明する予備的な試み」であるべきです。この本全体を読んで、あなたはそのよ うなことが存在するとは決して推測しないでしょう。同様に、麻薬と宗教の巨大な分野のために。それは合理性のための枠組みを欠き、今とても生産的である思考ビューの二重システムについては言及していません。thは 私自身の最近の論文を提案しています。それにもかかわらず、その本は興味を,持っており、日付が付いているにもかかわらず、まだ読む価値がある。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st 世紀 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  34.  72
    のレビュー"「理由の外側の限界"」(The Outer Limits of Reason) by Noson Yanofsky (2019年改訂レビュー).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV , USA: Reality Press. pp. 178-192.
    ノソン・ヤノフスキーの「理性の外側の限界」を、ウィトゲンシュタインと進化心理学の統一的な視点から詳しくレビューします。私は、言語や数学のパラドックス、不完全さ、デデシッド性、コンピュータとしての脳、宇 宙などの問題の難しさは、すべて適切な文脈での言語の使用を注意深く見なさなかったことから生じるため、科学的事実の問題を言語の仕組みの問題から切り離すことができなかったことを示しています。私は、不完全さ、 パラタンシ、不整合性に関するヴィトゲンシュタインの見解と、計算の限界に関するウォルパートの仕事について議論します。要約すると:ブルックリンによると宇宙---良い科学、それほど良い哲学ではありません。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  35.  63
    Обзор "Внешние границы разума" (The Outer Limits of Reason by Noson Yanofsky 403p (2013) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 193-209.
    Я даю подробный обзор "Внешние границы разума" Носон Янофски с единой точки зрения Витгенштейна и эволюционной психологии. Я указываю, что трудности с такими вопросами, как парадокс в языке и математике, неполнота, несоответствие, вычислительность, мозг и вселенная, как компьютеры и т.д., все это возникает из-за неспособности внимательно посмотреть на наше использование языка в соответствующем контексте и, следовательно, неспособность отделить вопросы научного факта от вопросов о том, как работает язык. Я обсуждаю взгляды Витгенштейна на неполноту, последовательность и несоответствие и нерешающость и работу (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  36.  71
    Обзор "Философия в новом веке" (Philosophy in a New Century) by John Searle) (2008) (обзор пересмотрен 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 32-51.
    Прежде чем комментировать книгу, я предлагаю комментарии по Витгенштейну и Сирл и логическая структура рациональности. Эссе здесь в основном уже опубликованы в течение последнего десятилетия (хотя некоторые из них были обновлены), наряду с одним неопубликованным пунктом, и ничего здесь не будет сюрпризом для тех, кто не отставал от его работы. Как W, он сосчитан как самый лучший философ standup его времени и его написанная работа тверда как утес и новаторская повсеместно. Тем неменее, его неспособность принять более поздний W достаточно серьезно (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  37. ウィトゲンシュタインのメタ哲学248p(2013)のレビュー(Wittgenstein’s Metaphilosophy) by Paul Horwich 248p (2013) (改訂改訂 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV , USA: Reality Press. pp. 49-69.
    Horwichはウィトゲンシュタイン(W)の細かい分析を行い、Wの第一人者ですが、私の見解では、このレビューや他の多くの人が長々と説明しているように、それらはすべて完全な感謝に満ち不足しています。W( そして好ましくはサールも)を理解していないならば、私は哲学と高次思考、したがってすべての複雑な行動(心理学、社会学、人類学、歴史、文学、社会)の表面的な理解以上のものを持つことができる方法を見ません。 一言で言えば、Wは、あなたが興味のある文脈で文がどのように使用されているかを示したとき、これ以上言うことは何もあることを実証しました。私はいくつかの注目すべき引用から始め、その後、私はウィトゲンシュタ イン、哲学と人間の行動を理解するために必要な最小限の考慮事項であると思うものを与えます。 まず、単語の前に「meta」を置くことは疑わしいはずです。Wは、例えば、メタ数学は他の数学と同様に、言った。哲学の外に出ることができるという考え(すなわち、高次思考の記述心理学)は、それ自体が深い混乱 です。ここでのもう一つのいらだちは、「彼女」と「彼女」と「彼女」や「彼女/彼女」などの絶え間ない逆言語的性差別です。同様に、英語の「レパートリー」がうまくいくフランス語の「レパートリー」の使用もうまく いくでしょう。大きな欠陥は、私が上記で概説したHOTとサールのフレームワークの非常に強力で直感的な2つのシステムビューとして私が見ているものを採用する完全な失敗(非常に一般的ですが)です。これは、特に 意味p111 et seq.(特に脚注2-7)に関する章では、自動化された真のS1、命題の処分S2、COSなどの枠組みなしで非常に泥だらけの水の中で泳ぎます。ジョンストンやバッド(私のレビューを参照)などを読むことで、内 側と外側のより良いビューを得ることもできます。しかし、ホーウィッチは多くの切迫したコメントをします。私は特にp65に対するWの反理論的スタンスの輸入の彼の要約が好きでした。彼は最近、ダニエレ・モヤル・ シャーロック、コリバなどによる多くの努力の主題である「確実性について」にもっと重点を置く必要があり、私の最近の記事で要約されています。 ホーウィッチは一流であり、彼の仕事は努力の価値があります。彼(そして誰もが)サールといくつかの現代心理学だけでなく、ハット、リード、ハッチンソン、スターン、モヤアル・シャーロック、ストロール、ハッカー 、ベイカーなどを研究し、幅広い現代的な行動観を達成することを望んでいます。彼らの論文のほとんどはacademia dot eduとphilpapers dot orgにありますが、PMSハッカーにとってはhttp: slash slash info dot sjc dot ox dot ac dot uk slash scr slash hacker slash DownloadPapers dot htmlを参照してください。 彼はウィトゲンシュタインの理解が私が今まで見た私たちを残す場所の最も美しい要約の一つを与えます。 「フレージの論理への算術の削減のように、言語的/概念的な活動(PI 126)を説明する試みがあってはならない。それを認識論的基盤(PI 124)に与える試みはありません。.意味論理のように理想化された形式(PI 130)を特徴付けようとする試みはありません。マッキーの誤り理論やダメットの直感のように、それを改革する試み(PI 124、132)はありません。クインの存在のアカウントのようにそれを合理化する試みはありません (PI 133)。嘘つきのパラドックスに対するタルスキーの反応のように、それをより一貫させる試み(PI 132)を作る試みはありません。奇妙な仮説的な「テレポーテーション」シナリオのための個人的なアイデンティティの質問の解決のように、それをより完全に(PI 133)にしようとする試みはありません。 最後に、私がここで奨励した視点で、Wは現代哲学と心理学の中心にあり、あいまいで困難でも無関係でもありませんが、シンチレーション、深遠でクリスタルクリアであり、彼を見逃すのは可能な限り最大の知的冒険の1 つを逃すということです。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  38.  78
    新世紀の哲学」のレビュー(Philosophy in a New Century) by John Searle( 2008) (2019年改訂).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV, USA: Reality Press. pp. 30-48.
    本にコメントする前に、私はヴィトゲンシュタインとサールと合理性の論理的構造に関するコメントを提供します。ここでのエッセイは、主に過去10年間にすでに出版されています(いくつかは更新されましたが)、1つ の未発表のアイテムと一緒に、ここで何も彼の仕事に追いついてきた人には驚きではありません。Wと同様に、彼は彼の時代の最高のスタンドアップ哲学者とみなされ、彼の書かれた作品は岩と画期的な全体として固体です 。しかし、後のWを真剣に受け止めなかったことは、いくつかの間違いや混乱につながります。ほんの一例:p7では、基本的な事実に関する私たちの確実性は、私たちの主張を支持する理性の圧倒的な重みによるものだと 2回指摘していますが、Wは「確実に」で、システム1の認識、記憶、思考の真の唯一の公理構造を疑う可能性はないと明確に示しました。p8の最初の文では、彼は確実性が改訂可能であることを教えてくれますが、私た ちが確実性2と呼ぶかもしれないこの種の「確実性」は、経験を通じて公理的で修正不可能な確実性(確実性)を拡張した結果であり、提案(真または偽)として全く異なります。これはもちろん、Wが何度も何度も実証し た「言語による私たちの知性の妖艶との戦い」の典型的な例です。1 つの単語 - 2 つ (または多くの) 異なる使用。 彼の最後の章「命題の統一」(以前は未発表)はまた、S1を記述する真の唯一の文章とS2を記述する真または偽の命題の違いを明確にするので、Wの「確実性について」またはDMSのOCに関する2冊の本(私のレビ ューを参照)を読むことからも大きな利益を得るでしょう。これは、S2で彼らについて考え始めた後にのみTまたはFになるので、S1の認識を命題として受け取ることに対するはるかに優れたアプローチとして私を襲い ます。しかし、命題は、過去と未来とファンタジーの実際または潜在的な真実と虚偽の記述を許可し、したがって、前言語学的または原語社会に対する大きな進歩を提供するという彼の指摘は、誠実です。彼が言うように、 「命題は満足の条件を決定することができるものです。満足の条件.それはそうであるということです。あるいは、追加する必要があります。 全体として、PNCはSの半世紀の仕事に起因するヴィトゲンシュタインに対する多くの実質的な進歩の良い要約ですが、私の見解では、Wは彼が言っていることを理解すると、まだ不平等です。理想的には、彼らは一緒に 読む必要があります:明確な一貫した散文と一般化のためのサールは、Wの厄介な例と華麗な格言で示されています。もし私がずっと若かったら、まさにそれをやっている本を書くだろう。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  39.  96
    自動化された無意識の行動は、宇宙についての私たちの真の自己と隠された真実を明らかにしますか? -「力対力のレビュー -人間の行動の隠た決定要因」(Power vs Force: the hidden determinants of Human Behavior by David Hawkins 412p(2012)(オリジナル版1995)。(レビューは2019年に改訂されました).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV, USA: Reality Press. pp. 228-230.
    私は奇妙な本や特別な人々に非常に慣れているが、ホーキンスは、あらゆる種類の声明の「真実」の鍵として筋肉の緊張をテストするための簡単な技術を使用して際立っています。よく知られているのは、画像、音、タッチ 、匂い、アイデア、人など、自分がさらしているものに対して、無意識の生理学的反応や心理的反応を示すことです。だから、彼らの本当の感情を見つけるための筋肉の読書は、それを「超常現象科学」を行うための使用棒 (より多くの筋肉の読書)として使用するのとは異なり、まったく過激ではありません。 ホーキンスは、認知負荷の増加に応じて腕の筋肉の緊張を低下させ、誰かの指の一定の圧力に応じて腕が低下する原因となると説明しています。「暗黙の認知」、「自動性」などのフレーズで言及されている社会心理学には 、長い間確立された広大な研究努力があり、「キネシオロジー」の使用が1つの小さなセクションであることを知らないようです。筋肉の緊張(あまり使用されない)社会心理学者に加えて、EEG、ガルバニック皮膚応答 、および刺激の数秒から数ヶ月後に時々変化する単語、文章、画像または状況に対する最も頻繁な言葉による反応を測定する。BarghやWegnerなどの多くは、S1(自動システム1)を介して意識を持たずに学び 、行動するオートマトンであることを意味する結果を取り、キールストロームやシャンクスのような他の多くの人は、これらの研究に欠陥があり、私たちはS2(審議システム2)の生き物であると言います。ホーキンスは 、高次思考の記述心理学の他の分野と同様に、見当がつかないようですが、ウィトゲンシュタインが30年代の心理学の無菌性と不毛さの理由を述べた時と同じくらい、「オートマチック」に関する状況はまだ混沌としてい ます。それにもかかわらず、この本は読みやすいもので、セラピストや精神的な教師の中には、それを使っている人もいるかもしれません。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  40.  53
    Wolpert, Chaitin и Wittgenstein о невозможности, неполноте, парадоксе лжецов, теизм, границах вычислений, принципе неквантовой механической неопределенности и вселенной как компьютер – конечной теорете в Тuring машин Тьюринга (пересмотренный 2019).Michael Richard Starks - 2020 - In ДОБРО ПОЖАЛОВАТЬ В АД НА НАШЕМ МИРЕ : Дети, Изменение климата, Биткойн, Картели, Китай, Демократия, Разнообразие, Диссигеника, Равенство, Хакеры, Права человека, Ислам, Либерализм, Процветание, Сеть, Хаос, Голод, Болезнь, Насилие, Искусственный интелле. Las Vegas, NV USA: Reality Press. pp. 187-192.
    Я читал много недавних дискуссий о границах вычислений и Вселенной, как компьютер, надеясь найти некоторые комментарии по удивительной работы физика полимата и теоретик решений Дэвид Вольперт, но не нашли ни одной цитаты, и поэтому я представляю это очень краткое резюме. Вольперт доказал некоторые потрясающие невозможности или теоремы неполноты (1992 до 2008-см arxiv dot org) на пределы выводов (вычисления), которые настолько общие они не зависят от устройства делать вычисления, и даже независимо от законов физики, поэтому они применяются через компьютеры, физика, и (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  41.  78
    「思考の構造」のレビュー(The Stuff of Thought) by Steven Pinker (2008) (2019年改訂レビュー).Michael Richard Starks - 2020 - In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV , USA: Reality Press. pp. 70-81.
    私は哲学者(心理学者)ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインの有名なコメントから始めますが、ピンカーはほとんどの人と共有しています(進化した先天心理学のデフォルト設定のために)心の機能に関,する特定の偏見 、そしてウィトゲンシュタインは言語、思想、現実の働きに対するユニークで深遠な洞察を提供しています(彼は多かれ少なかれ同じ範囲と見なされています)。reはre、彼が言語の最も華麗で元のアナリストだったこ とを考えると最も残念であるこの巻のヴィトゲンシュタインへの言及だけです。 最後の章では、プラトンの洞窟の有名な比喩を使用して、彼は美しく心(言語、思考、意図的心理学)の概要と本を要約します - 盲目の利己主義の産物は、私たちの遺伝子のコピーを運ぶ近親者のための自動利他主義によってわずかにモデレートされます(包括的なフィットネス)-自動的に動作しますが、それにもかかわらず、私たちがその広大な能 力を利用して世界を生きるために私たちに大きな能力を採用できることを願って、アップビートノートで終わらせようとします。 ピンカーは確かに認識していますが、私たちの心理学についてはるかに多くが含まれているよりも取り残されているという事実についてはほとんど言いません。取り残されたり、最小限の注意を払われたりする人間性への窓 の中には、数学と幾何学、音楽と音、画像、出来事、因果関係、オントロジー(物事のクラスまたは私たちが知っていること), )、認識論(私たちが知っている方法)、性質(信じる、 思考、判断、意図など)と行動の意図的な心理学の残りの部分、神経伝達物質およびエンテオゲン、精神的な状態(例えば、サトリと啓蒙、脳刺激と記録、脳損傷および行動の赤字と障害、ゲームとスポーツ、決定理論(ゲ ーム理論と行動経済学を含む)、動物行動(非常に言語が、共有遺伝学の10億年)。これらの各分野の意図的心理学について、多くの本が書かれています。この本のデータは説明であり、なぜ私たちの脳がこのようにそれ を行うのか、どのように行われるのかを示す説明ではありません。文章をさまざまな方法で使用する方法(つまり、すべての意味を知っている)をどのように知っていますか?これは、ヴィトゲンシュタインが最も活発なレ ベルである、より基本的なレベルで動作する進化心理学です。そして、言葉がthe 使われる文脈=ヴィトゲンシュタインが開拓したアリーナに注目が集まっています。 それにもかかわらず、これは古典的な作品であり、これらの注意を払って、まだ読む価値があります。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論 理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。 .
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  42. The Ill-Made Knight and the Stain on the Soul.Michael Rea - 2019 - European Journal for Philosophy of Religion 11 (1):117-134.
    One of the main tasks for an account of the Christian doctrine of the atonement is to explain how and in what ways the salvifically relevant work of Christ heals the damage wrought by human sin on our souls, our relationships with one another, and our relationship with God. One kind of damage often neglected in philosophical treatments of the atonement, but discussed at some length in Eleonore Stump’s forthcoming At-one-ment, is what she, following St. Thomas Aquinas, calls the stain (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  43. On Knowing Our Own Minds.Michael McKinsey - 2002 - Philosophical Quarterly 52 (206):107-116.
    This is an anthology of ?fteen papers concerning various philosophical problems related to the topic of self-knowledge. All but one of the papers were previously unpublished, and all but two are descendants of presentations at a conference on self-knowledge held at the University of St Andrews in 1995. The collection.
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark   8 citations  
  44. Personal Discernment and Dialogue. Learning From ‘the Other’.Michael Barnes Sj - 2020 - European Journal for Philosophy of Religion 12 (4):27-43.
    This article considers the theme of discernment in the tradition of Ignatian spirituality emanating from the Spiritual Exercises of St Ignatius of Loyola, the founder of the Society of Jesus. After a brief introduction which addresses the central problematic of bad influences that manifest themselves as good, the article turns to the life and work of two Jesuits, the 16th C English missionary to India, Thomas Stephens and the 20th C French historian and cultural critic, Michel de Certeau. Both kept (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  45. Skeptical Theism and Divine Permission - A Reply to Anderson.John Danaher - 2014 - International Journal for Philosophy of Religion 75 (2):101-118.
    Skeptical theism (ST) may undercut the key inference in the evidential argument from evil, but it does so at a cost. If ST is true, then we lose our ability to assess the all things considered (ATC) value of natural events and states of affairs. And if we lose that ability, a whole slew of undesirable consequences follow. So goes a common consequential critique of ST. In a recent article, Anderson has argued that this consequential critique is flawed. Anderson claims (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark   3 citations  
  46. Pierre Duhem’s Philosophy and History of Science.Jean-François Stoffel & Fábio Rodrigo Leite - 2017 - Transversal : International Journal for the Historiography of Science 2:3-165.
    LEITE (Fábio Rodrigo) – STOFFEL (Jean-François), Introduction (pp. 3-6). BARRA (Eduardo Salles de O.) – SANTOS (Ricardo Batista dos), Duhem’s analysis of Newtonian method and the logical priority of physics over metaphysics (pp. 7-19). BORDONI (Stefano), The French roots of Duhem’s early historiography and epistemology (pp. 20-35). CHIAPPIN (José R. N.) – LARANJEIRAS (Cássio Costa), Duhem’s critical analysis of mecha­ni­cism and his defense of a formal conception of theoretical phy­sics (pp. 36-53). GUEGUEN (Marie) – PSILLOS (Stathis), Anti-­scepticism and epistemic humility (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  47. Michael Devitt, Designation Reviewed by Michael McKinsey. [REVIEW]Michael McKinsey - 1983 - Philosophy in Review 3 (3):112-116.
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  48.  78
    Michael Brady,. Emotional Insight: The Epistemic Role of Emotional Experience. New York: Oxford University Press, 2013. Pp. 204. $45.00. [REVIEW]Michael Milona - 2015 - Ethics 125 (2):567-571.
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  49. Rational and Social Agency: The Philosophy of Michael Bratman, Edited by Manuel Vargas and Gideon Yaffe.Michael Brent - 2018 - Journal of Moral Philosophy 15 (3):371-374.
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
  50. Talking Monkeys: Philosophy, Psychology, Science, Religion and Politics on a Doomed Planet - Articles and Reviews 2006-2019 Michael Starks 3rd Edition.Michael Starks - 2019 - Las Vegas, NV USA: Reality Press.
    This collection of articles and reviews are about human behavior (as are all articles by anyone about anything), and so about the limitations of having a recent monkey ancestry (8 million years or much less depending on viewpoint) and manifest words and deeds within the framework of our innate psychology as presented in the table of intentionality. As famous evolutionist Richard Leakey says, it is critical to keep in mind not that we evolved from apes, but that in every important (...)
    Download  
     
    Export citation  
     
    Bookmark  
1 — 50 / 1000