民主主義は自殺です-アメリカと世界のための葬儀スピーチ(2019)

In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV , USA: Reality Press. pp. 277-323 (2020)
Download Edit this record How to cite View on PhilPapers
Abstract
アメリカと世界は、過去1世紀の人口過剰な人口増加から崩壊し、現在は第3世界の人々のために崩壊しています。資源の消費と40億ca.2100の追加は、産業文明を崩壊させ、驚異的な規模で飢餓、病気、暴力と戦争をもたらすでしょう。地球は毎年表土の少なくとも1%を失うので、2100に近づくにつれて、その食糧栽培能力のほとんどはなくなりました。何十億人もの人が死んで、核戦争は確実です。アメリカでは、これは大規模な移民と移民の生殖によって、民主主義によって可能になった虐待と相まって、非常に加速されています。堕落した人間性は、民主主義と多様性の夢を犯罪と貧困の悪夢に変えます。中国は、利己主義を制限する独裁政権を維持する限り、アメリカと世界を圧倒し続けるだろう。崩壊の根本的な原因は、私たちの生来の心理学が現代世界に適応できないことであり、人々は無関係な人を共通の利益を持っているかのように扱う。人権の考え方は、左翼が第三世界の母性によって地球の無慈悲な破壊から注意を引くために促進する邪悪なファンタジーです。これは、基本的な生物学と心理学の無知に加えて、民主的な社会を支配する部分的に教育を受けた人々のソーシャルエンジニアリングの妄想につながります。一人の人を助けた場合、誰かに危害を加える人はいませんが、無料のランチはなく、誰もが消費するアイテムが修復を超えて地球を破壊することを理解している人はほとんどいません。その結果、至る所の社会政策は持続不可能であり、利己主義に対する厳格な統制なしに、すべての社会が一つ一つ無政府状態または独裁に崩壊する。最も基本的な事実は、ほとんど言及されていないが、貧困層のかなりの割合を貧困から引き上げ、そこに留めるのに十分な資源がアメリカや世界に存在しないことである。これを行う試みは、アメリカを破産させ、世界を破壊することです。私たちの遺伝的品質と同様に、食料を生産する地球の能力は毎日低下します。そして今、いつものように、貧しい人々の最大の敵は他の貧しい人々であり、金持ちではありません。劇的かつ即時の変化がなければ、アメリカの崩壊や民主主義システムに続く国を防ぐ望みはありません。
PhilPapers/Archive ID
STA-144
Upload history
Archival date: 2020-07-22
View other versions
Added to PP
2020-07-22

Downloads
153 (#43,820)

6 months
49 (#16,445)

Historical graph of downloads since first upload
This graph includes both downloads from PhilArchive and clicks on external links on PhilPapers.
How can I increase my downloads?