科学はすべてについて良い説明ではありません-「自由は進化する」のレビュー (Freedom Evolves) by Daniel Dennett(2003) (レビュー改訂 2019)

In 地獄へようこそ 赤ちゃん、気候変動、ビットコイン、カルテル、中国、民主主義、多様性、ディスジェニックス、平等、ハッカー、人権、イスラム教、自由主義、繁栄、ウェブ、カオス、飢餓、病気、暴力、人工知能、戦争. Las Vegas, NV, USA: Reality Press. pp. 85-101 (2020)
Download Edit this record How to cite View on PhilPapers
Abstract
「人々は、哲学は本当に進歩していない、私たちはまだギリシャ人と同じ哲学的問題に占領されていると何度も何度も言います。しかし、これを言う人々は、なぜそうでなければならないのか理解していません。それは、私たちの言語が変わらず、同じ質問をするように誘惑し続けているからです。食べたり飲んだりするのと同じように機能しているかのように見える動詞が続いている限り、 私たちがまだ形容詞を持っている限り、時間の川、空間の広がりなどについて話し続ける限り、人々は同じ不可解な困難につまずき続け、説明が晴れることができないものを見つめています。さらに、人々が「人間の理解の限界」を見ることができると考える限り、彼らはもちろんこれらを超えて見ることができないと信じているので、これは超越への憧れを満たしています。 この引用は、約70年前に哲学を再定義したルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインからのものです(しかし、ほとんどの人はまだこれを見つけていません)。デネットは、彼が約40年間哲学者であったが、そのうちの一つです。また、彼と彼の主要なアンタゴニスト、ジョン・サールの両方が有名なヴィトゲンシュタイニアン(ジョン・オースティンとサール、ギルバート・ライルとデネット)の下で学んだが、サールは多かれ少なかれポイントを得て、デネットはしなかった(しかし、それはサールやライル・ヴィトゲンシュテニアンと呼ぶものを伸ばしているが)。デネットは難しい決定論者であり(裏口で現実をこっそり見ようとしますが)、おそらくこれは有名な本「心の概念」(1949年)が転載され続けているライルによるものです。その本は幽霊を追い出すのに大いに役,立ったが、機械を置き去りにした。 デネットは、ヴィトゲンシュタイン、ライル(およびそれ以来)が詳細に暴露したミスを作ることを楽しんでいます。私たちの言葉の意識、選択、自由、意図、粒子、思考、決定、波、原因、起こった出来事(そして無限に)の使用はめったに混乱の原因ではありませんが、,通常の生活を離れて哲学に入るとすぐに(そして言語が進化した環境から切り離された議論、すなわち言葉が意味を持っていた正確な文脈)カオスが支配します。ほとんどの場合と同様に、デネットは一貫した枠組みを欠いており、サールは合理性の論理的構造と呼ばれています。私はこのレビューを書いて以来、私はこれにかなり拡大しており、私の最近の記事は、ステロイドのScientism ((説明としての科学の不適切な使用)を呼び出すかもしれない哲学へのデネットのアプローチの何が間違っているかを詳細に示しています。ヴィトゲンシュタインからの別の引用で終わらせましょう - '野心は思考の死です。 現代の2つのシス・エムスの見解から人間の行動のための包括的な最新の枠組みを望む人は、私の著書「ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタインとジョン・サールの第2回(2019)における哲学、心理学、ミンと言語の論理的構造」を参照することができます。私の著作の多くにご興味がある人は、運命の惑星における「話す猿--哲学、心理学、科学、宗教、政治―記事とレビュー2006-2019 第3回(2019)」と21世紀4日(2019年)の自殺ユートピア妄想st Century 4th ed (2019)などを見ることができます。
PhilPapers/Archive ID
STAFE
Upload history
Archival date: 2020-07-17
View other versions
Added to PP index
2020-07-17

Total views
11 ( #54,359 of 53,660 )

Recent downloads (6 months)
11 ( #42,427 of 53,660 )

How can I increase my downloads?

Downloads since first upload
This graph includes both downloads from PhilArchive and clicks on external links on PhilPapers.